News & Topics 鮫川校の活動

にっこり 「未来の福島県知事選挙」を実施しました

 5月29日(水)、「選挙制度体験授業 未来の福島県知事選挙」を実施しました。これは福島県選挙管理委員会が主催している行事で、18歳から有権者となる高校生が選挙のしくみを体験的に学ぶとともに、自分の一票の重さとその活かし方について学ぶために実施されるものです。

  今回は、鮫川村選挙管理委員会と県南地方振興局の職員の方を講師にお迎えし、「未来の福島県知事選挙」に立候補した大学生3名の模擬政見放送を見て投票する、ということを体験しました。投票後には実際に行われている手順で開票作業も体験しました。 

  

 

 生徒たちからは、「18歳になったら自分も投票に行ってみようと思いました」「A候補者の、病院の検査を無料にするクーポン券を配布する政策はよいと思いました」「候補者の方々が、ゆっくり、ていねいに話してくれて、福島のことをいろいろ考えていると感じました」などの感想が聞かれました。

 今年の夏には参議院議員選挙が予定されています。その時期には鮫川校の3年生も複数の生徒が有権者となります。生徒たちには、自分とこの社会がより良い結果を迎えられるような選択をしていってほしいと切に願います。 

 ご多忙の折、鮫川校の生徒のためにご指導いただきました県南地方振興局の伊藤様、鮫川村総務課の鈴木様、村越様に改めて御礼申し上げます。